本州鹿 インターネット通販
本州鹿ドットコム
本州鹿ドットコム /ペットフード専門店 >> 愛犬の食材に本州鹿?
日本の鹿を代表とする兵庫地方の山々から愛犬用の食餌をご用意しました♪ 丹波産

愛犬がずっと元気でいるためには毎日の食事が最も大切です。まず第一に栄養面と原材料に関して理想的な内容になければなりません。

だからといって市販のドライフードに惑わされてはいけません。何故なら確かにドライフードの表記にはさまざまな栄養素が列記されていますが、これらはほとんどが人工的に配合したビタミンであったり、ミネラルだからです。ドライフードら含まれているのはそればかりではありません。

使用している肉も屠殺場に行く途中で死んだ家畜の肉、腐りかけた肉、病気の肉などを化学薬品漬けにした後で高熱処理した肉を使用しています。

それを誤魔化すために合成添加物や凝固剤、固形剤、発泡剤などを配合しています。では肉ならなんでもいいのか、というとこれも正しいとはいい切れません。何故なら、家畜、特に牛や豚、地鶏を除くブロイラーなどはそのほとんどが密飼いのため身動きがとれないわずかな空間に閉じ込められ、強度のストレスを受けその上に糞尿を垂れ流し続けるために深刻な衛生上の問題と環境汚染を引き起こしています。もっとも恐ろしいことはこうした家畜を生き長らえさせるために、抗生物質、ステロイド、成長ホルモン剤が飼料に混ぜられ与えられているという事実です。あるいは霜降りに見せかけるため、人工的な脂肪を注入する牛肉も沢山出回っています。本来は田舎で牧草を食べながら育っていた家畜も最近では、人間の手によってトウモロコシのような穀物を与え、薬漬けの肉化としているのです。

ではそれを食べたワンちゃんはどうなるのでしょうか?アトピーにならない訳がありません。癌にならない訳がありません。自分の意思で食べることが出来ない、又、寿命の短い愛犬にはなるべく自然に近い状態の食材を与えたいものです。

そこで私共は犬の祖先がオオカミであることから鹿肉を中心に販売することにしました。それも鹿肉だけではなく栄養の補給からバランスまで鹿全体を食べることが大切であると考えました。その結果、内臓や骨など出来る商品アイテムを取り揃えました。鹿肉は馬肉同様、脂肪の少ない赤身の肉で豚肉や牛肉に比べカロリーは約3分の1、脂肪分は15分の1程度です。しかもCLAをはじめ多価不飽和脂肪酸に優れています。

鹿肉は食物アレルギーの原因になりにくい消化の良いタンパク質です。少量で充分な量のタンパク質が補えますので食欲の落ちたシニア犬にもお勧めします。本州の鹿はエゾ鹿と違い脂分が少ないことも特徴です。
この機会に是非本州鹿肉やおやつを愛犬に与えてみて下さい。ワンちゃんの喜び方に驚かれると思いますよ。